研修検索

研修参加希望者は研修一覧から研修を検索し、参加資格のある研修を簡単に見つけることができます。

受講申し込み

研修参加希望者はフォームを入力して、受講の申し込みができます。管理者側は、申し込みを管理・集計することが可能です。

会場研修参加

iLMSではオンラインでの研修だけでなく、実際の会場や実地研修についても対応ができます。会場とオンラインの同時開催も可能です。

資料ダウンロード

研修の資料を研修の参加者にのみ配布することができます。

会員管理

会員が参加した研修や、支払いの状況、個人の詳細をすべて一覧で確認することができます。

団体・施設管理

研修によって、団体や施設からまとまった人数を参加する場合もあります。iLMSでは施設単位での申し込みや施設単位の管理が可能です。

お知らせ・メール通知

研修参加者に対して、セミナーのリマインドや支払いに関するお知らせなど、メールなどを通して通知することができます。

ポイント・単位管理

ポイントや単位などに関わる研修に関しては、受講者に対してポイントや単位を付与することができます。

研修情報の一括取り込み

CSVで年間の研修をアップロードすれば手間なく一括で研修情報を取り込むことができます。

費用の3/4、最大450万円の補助が受け取れる「IT導入補助金」

iLMSを導入するにあたり、政府が行っている「IT導入補助金2020」を活用することが可能です。
財団法人(一般・公益)ならびに、社団法人(一般・公益)も補助金の対象です。

よくあるご質問

ライブ配信は可能です。ただし、有料の研修の場合、「電波が悪くて途中聞こえなかったから返金してください」などのユーザーからクレームが寄せられることが想定されます。システム上返金処理は難しくなっておりますので、利用規約などの整備などをしたうえでの導入をしていただくことを推奨しております。
他のオンライン研修システムで良く見られるセミナーの参加者数やセミナー数に応じた課金は一切ございません。どんなに参加者がいても、月に何度セミナーを開いても月額料金に課金されませんので、ご安心ください。
月額50,000円からの運用が可能です。サーバーのスペックやサイバー攻撃対策等のオプションにより、金額が変動します。
カスタマイズによって変動しますが、300万円~450万円の初期費用を想定しております。しかし、IT導入補助金をご活用いただければ、初期費用が300万円の場合、225万円の補助金が受け取れますので、実質負担金は75万円となります。IT導入補助金は締め切りがございますので、導入をご検討の方はお早めに申請をお願いいたします。
基本的には現状単位を発行することはできません。ただし、単位発行の方針を決定する団体の方針次第で追加開発をする可能性もございます。
可能です。CSVでのデータ連携やシングルサインオンもカスタマイズをすることで導入することができます。
多くの会員が所属している職能団体様で、新型コロナウィルスの影響で対面での研修ができなくなってしまった団体様が多いです。具体的には、看護協会様、薬剤師会様、栄養士会様、その他医療団体様が導入、もしくは導入を検討されています。
もちろん導入可能です。一般企業の方でも条件を満たせば補助金を活用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

さらに詳細な質問は、お問い合わせください